森法律事務所 30年の伝統と実績 確かな経験

ホーム 交通事故賠償
  • 交通事故解決の流れ
  • 交通事故賠償の基本Q&A
  • 交通事故賠償の基準
  • 過失相殺 素因減額 脊柱管狭窄症

  • 後遺障害
  • 後遺障害認定獲得法
  • 後遺障害等級表
  • 後遺障害の併合
  • 自賠責請求できる金額

  • 目に見える後遺障害
  • 目の後遺障害
  • 耳の後遺障害
  • 脊柱の後遺障害
  • 肩・腕の後遺障害
  • 腰・脚・足の後遺障害

  • 目に見えない後遺障害
  • 高次脳機能障害
  • 脳脊髄液減少症
  • むちうち
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

  • 森法律事務所
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 交通事故解決事例集
  • スムーズなご相談のために
  • ご依頼・ご相談
  • 交通アクセス
  •  

     

     

    その他の法律問題でお困りの方は,森法律事務所総合サイトへ


    もし交通事故の加害者になってしまったら

  • 交通事犯.com
  • 脊柱の後遺障害

    頭蓋骨を支える首の骨から尾骨までの骨格を、脊柱と言います。


    この脊柱は、一本の骨ではなく、24個の椎骨(頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個)と仙椎及び尾骨から形成されています。そして、各椎骨の間には、ゴム状の椎間板が介在しています。この椎間板が、背骨の間のクッションの役割をはたします。

    こういう構造なので、上半身や首を左右・前後・斜めなど「6つの自由度」をもって、クネクネと動かすことが出来るわけです。これを脊柱の運動機能と言います。勿論、脊柱だけで体を動かすわけではなく、それを取り巻く筋肉との共同作用で体を動かします。

     

    そして、この脊柱を中心として、肩・腕・胸骨・脚と骨格が伸び、体全体を支えています。つまり、脊柱は、体を支える中心的な存在です。これを脊柱の支持機能といいます。ただ、体は、骨だけで支えているわけではありません。これを取り巻く筋肉でも支えています。
    個々の椎骨には、椎孔があり、この椎孔は上下に連なって脊柱管となっています。そして、この脊柱管の中には、脊髄が入っています。この脊髄は、脳をから伸びている神経の束で、ここから肩・腕・胸・脚と体の各部に神経が伸び、体の各部に脳からの指令を送っています。また、体の各部からの反応は、体の各部の神経から脊髄に逆流し、脊髄を上昇して、脳に伝わります。

     

    このように脊柱は、神経組織を保護する機能―脊髄の保護作用を持っています。道路で言えば、中心部(脳)から伸びている幹線道路のようなものです。
    しかも、横から見ると脊柱は湾曲しているし、ゴム状の椎間板が各椎骨の間に、きちんとおさまっています。
    このため、飛び降りたり、ジャンプしても、ショックを吸収し、体を守るように出来ています。
    交通事故で脊柱に外傷を受けた場合、この脊柱という骨格が損傷を受ける場合と、その中を通っている神経が損傷を受ける場合があります。

    骨格が損傷を受ける場合

    脊椎が骨折する場合、大体、椎体の圧迫骨折の形をとります。一番多いのが、楔状型骨折と粉砕型骨折です。

     

    楔状型骨折と言うのは、錐体の前方部が圧迫骨折することで、錐体が楔状に変形します。
    粉砕型骨折は、上下からの圧迫で、椎体がぐしゃっとつぶれ、骨片が前後左右に遠心転位する骨折です。
    いずれも、レントゲン写真で確認できます。

    この骨折で脊髄や椎間板の脇から出ている神経根を圧迫する場合(不安定型)と、そうでない場合(安定型)があります。不安定型の場合は、椎間板ヘルニアと同じ症状になります。
    楔状型骨折には安定型が多く、粉砕型骨折には不安定型が多いと言われています。
    脊柱が障害を受け、よく動かなくなった場合、そのレベルに応じて6級から11級の後遺障害が認定されます。
    ただ、6級は首も腰も動かなくなった場合で、8級は首と腰のどちらかが動かなくなった場合で、実際には、可動域が制限されることはあっても、強直することなど滅多にあることではありませんから、大部分は11級になるでしょう。また、頚部と腰部に、コルセットが必要になると、6級~8級が認定されます。
    ただ、これも、めったにあることではありません。


    また脊柱が変形した場合も、その程度に応じて、6級~11級が認定されます。
    脊柱を通っている脊髄が損傷(脊髄損傷)を受けると深刻です。
    横断型完全損傷では損傷部位より下が完全に麻痺しますし、特に、頭部に近い脊髄(C1/2)を損傷(上位脊髄損傷)すると、呼吸そのものができなくなり、死に至ります。
    それより下の脊髄でも、手足が動かなくなるなど、色々な症状がでてきます。そして、この症状は、最初の数ヶ月程度は、多少は改善するものの、それ以降は、改善しません。奇蹟はおきないのです。
    こういう場合は、できるだけ早く症状固定とし、自賠責認定を申請するのは勿論、身体障害者手帳を申請して治療費を国庫負担とすると共に、労災や社会保険に障害年金の支給を申請し、自動車保険対策機構に介護料の請求をしましょう。

    詳細は、当事務所におたずね下さい。


    脊髄そのものが損傷をうけなくとも、あるいは脊髄の外側が損傷を受けなくとも、脊髄の中心部が損傷を受けることもあります。これを中心性脊髄損傷といいます。
    なぜこういうことが起きるかというと、脊髄の外側は、動脈からしっかり栄養をもらっているのに、脊髄の中心部は、毛細血管から栄養補給を受けているので、ちょっとした衝撃で、栄養補給を受けられなくなるからです。
    このように骨折・脱臼がないにもかかわらず脊髄が損傷を受ける場合を、非骨傷性損傷といい、その典型が中心性脊髄損傷です。

    脊髄は神経の束ですが、上肢に行く神経は、この束の中心部にあります。そこで、この中心部が損傷を受けると、上肢に麻痺が生じたりします。

    実は、脊柱は、年齢と共に老化します。年を取ると肌のみずみずしさが失われると同時に、脊柱もどんどん老化し、変形していきます。これを変形性脊椎症と言います。
    脊柱は体の中心、幹線道路ですから、幹線道路が老化すると、体のあちこちで色々な症状がでてきます。
    痛い、痺れる、目が眩む、吐き気がする等です。年を取ると腰が痛くなうことがあります。これは、この脊柱の老化に伴って生ずる物です。

    その一つが、神経の通り道が狭くなる脊柱管狭窄症です。
    脊柱の中を脊髄という神経の束(馬尾)が通っているのですが、この通り道が狭くなれば、馬尾や神経根が圧迫されてしまいます。そこで、痛みや痺れが現れるのです。
    この脊柱管狭窄症は老化に伴って生ずるもので、外傷で生ずることはありませんが、外傷を契機として生ずることはあります。この場合も、勿論、賠償の対象になります。

    なお、この脊柱管狭窄症が生ずる場合、後縦靱帯骨化症も同時に併発するケースが多いようです。
    椎体の後ろには、これに張り付いて脊柱を支えている後縦靱帯があります。この靱帯が、原因は不明ですが、老化とともに、なぜか厚くなり、骨化するのです。
    この後縦靱帯の後ろには、脊柱管がありますから、後縦靱帯が大きく硬くなれば、脊柱管を圧迫します。
    脊柱管が圧迫されれば、当然、その中を通っている馬尾を圧迫します。これを後縦靱帯骨化症といいます。
    もう一つは、椎間板ヘルニアです。本来は、背骨の間のクッションの役割を果たす椎間板が、弾力性のなくなった古いゴムのようになり、その一部が飛び出し、馬尾や神経根を圧迫するのです。

    但し、この椎間板ヘルニアは、外傷によっても生じます。交通事故では、老化が原因か事故が原因かで争われます。争いに巻き込まれたくないお医者さんは「因果関係は不明」などと診断書に書くので、益々分からなくなってします。どういう場合に、交通事故との因果関係が認められるか、裁判所の公式見解はまだ明らかになっていません。

    ただ、他の椎間板の老化が進んでいないことを証明する一方、椎間板が飛び出すほどの事故だったことを証明すれば、因果関係は立証できたと考えます。詳細は、当事務所にお問い合わせ下さい。
    なお、椎間板ヘルニアには、頚椎椎間板ヘルニアと 腰椎椎間板ヘルニアがあります。いずれも神経根症状を圧迫するケースがありますが、腰椎椎間板ヘルニアでは馬尾を圧迫するのはレアケースです。脊髄は、腰椎の一番上(L1)までしかないからです。しかし、まれには、このケースに該当する場合があります。これを馬尾圧迫症候群といいます。この場合は、手術をしなければなりません。なお、これらの症状を他覚的に証明するための方法は、当事務所にお問い合わせ下さい。

     


    Copyright (C) 2011 交通事故専門弁護士の森法律事務所 All Rights Reserved.
    ホーム | 森法律事務所について | 弁護士紹介 | 交通事故賠償 | 後遺障害 | 交通事故事例集 | 個人情報保護 | お問い合わせ |アクセス