森法律事務所 30年の伝統と実績 確かな経験

ホーム 交通事故賠償
  • 交通事故解決の流れ
  • 交通事故賠償の基本Q&A
  • 交通事故賠償の基準
  • 過失相殺 素因減額 脊柱管狭窄症

  • 後遺障害
  • 後遺障害認定獲得法
  • 後遺障害等級表
  • 後遺障害の併合
  • 自賠責請求できる金額

  • 目に見える後遺障害
  • 目の後遺障害
  • 耳の後遺障害
  • 脊柱の後遺障害
  • 肩・腕の後遺障害
  • 腰・脚・足の後遺障害

  • 目に見えない後遺障害
  • 高次脳機能障害
  • 脳脊髄液減少症
  • むちうち
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

  • 森法律事務所
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 交通事故解決事例集
  • スムーズなご相談のために
  • ご依頼・ご相談
  • 交通アクセス
  •  

     

     

    その他の法律問題でお困りの方は,森法律事務所総合サイトへ


    もし交通事故の加害者になってしまったら

  • 交通事犯.com
  • 後遺障害

    交通事故賠償額の多寡は,後遺症の認定で大枠が決まってしまいます。ですから後遺症認定は交通事故賠償において非常に大切なものです。にもかかわらず,後遺症認定は高度な医学知識をも持つ弁護士でなければ対応できないケースもあります。

    森法律事務所交通事故相談チーム 交通事故相談室は専門的知識を持つ弁護士・スタッフを揃えておりますので,お気軽に無料相談をご利用ください。

    後遺障害の基礎知識

    まずは後遺障害全般に関連する情報です


    目に見える後遺障害

    身体に影響が表れ、外部から視認することのできる障害について部位別に解説致します。

    目に見えない後遺障害

    目に見えない後遺障害は外部から視認できないばかりか、レントゲンなどの画像にもうつらないもの、精神に障害をきたすものなどがあり、一見すると正常にみえます。発見しにくい、周囲の人物が被害者の症状に気付きにくいなど、特有の問題があります。

    • 高次脳機能障害
      脳に張り巡らされた複雑なネットワークが阻害されることで生じる障害です。
    • 脳髄液減少症
      髄液が漏れだし,脳の位置が下がってしまうことにより生じる様々な症状のことを指します。
    • むちうち
      頚部に痛みや不快感が生じるもので、現在は原因が不明とされています。
    • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
      恐怖体験のフラッシュバックにより日常生活に支障をきたす疾患です。恐怖体験はトラウマといわれることもあります。
    • RSD (反射性交感神経性ジストロフィー)
      神経因性疼痛の代表的なもので,外傷が治癒されたにもかかわらず,治癒のために必要な身体的変化が継続され,灼熱痛がおこる等の症状があります。








    Copyright (C) 2011 交通事故専門弁護士の森法律事務所 All Rights Reserved.
    ホーム | 森法律事務所について | 弁護士紹介 | 交通事故賠償 | 後遺障害 | 交通事故事例集 | 個人情報保護 | お問い合わせ |アクセス