自動車保険の基礎知識 その3 SAPとTAP


従来、自動車保険というのは、「自分が加害者になった場合」の為の保険でした。

これがSAPと言われている保険です。この保険には、

対人賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、対物賠償保険、搭乗者傷害、車両保険がセットとして組み込まれていました

(このうち、無保険傷害保険のみは、自分が被害者になった場合の保険ですが、傷害の程度が死亡又は後遺障害を残した場合に限られており、不十分です)。


この発想を180度転換させたのが、TAP(Tokio Automobile Policyの略)と言われる人身傷害保険です。平成10年に東京海上が販売し、他社が追随しました。

これは、一言で言えば、「自分が被害者になった場合」の為の保険です。

この保険を見ると、良いことずくめです。契約金額の範囲内と言う制限がありますが、

      ① 加害者と示談しなくても保険が請求できる。
      ② 被害者に過失があっても、過失相殺しない。
      ③ 傷害の程度、後遺障害の有無に関係なく、支払う。
      ④ 記名被保険者およびその家族についても対象になる。
      ⑤ 他の車に搭乗中または歩行中の場合などほとんどの自動車事故についても補償の対象となる。
      ⑥ 全ての損害について、実損額を支払う。


しかし、皆さん、いざとなると、難癖付けて支払いを渋る保険会社が、そんな「もってけ、泥棒」みたいな保険を売るでしょうか。もし、そんなうまい話があるなら、TAPの保険金は、相当高額になるはずですが、SAPよりもちょっと高い程度です。

何か罠がありそうです。

 

 

TAP(Tokio Automobile Policyの略)自分が被害者になった場合」の為の保険です。この保険を見ると、良いことずくめです。

何か罠がありそうです。

約款を見ると、どの保険会社にも、

(○○損保の約款に定める「人身傷害条項損害額基準」に従ってお支払いします。)

とさりげなく、しかし、目立たぬように記載されています。


どうも保険会社は、一方で「実損を賠償します」と言いながら、いざ、払うとなると、「あくまでも、『赤い本基準』ではなく、『当社の定める基準』にしたがって支払います」と言う抗弁を用意しているようなのです。


保険会社としては、実損は賠償するけど、その実損をどの程度の金銭に評価するかは当社の定める基準によるんだという主張なのでしょう。しかし、一方で「実損を賠償します」と言いながら、他方で「当社の基準に従って払います」と言うことは、やはり矛盾するように思われます。

この場合、「実損を賠償します」という言葉を捉えて、保険会社に「赤い本基準」で賠償請求できるでしょうか?その場合は、どのように理論構成すべきでしょうか?

今のところ、この問題に関する判例はありません。



ただ、実務は、原則として、赤い本基準ではなく、保険会社基準によることで運用されています。


Copyright (C) 2011 交通事故 弁護士 森法律事務所 All Rights Reserved.
ホーム | 森法律事務所について | 弁護士紹介 | 交通事故賠償 | 後遺障害 | 交通事故事例集 | 個人情報保護 | お問い合わせ |アクセス