自賠責保険の仕組み その4 一括払いと被害者請求のメリット

賠責保険の被害者請求と一括払い・事前認定は、どっちが得なのでしょうか? 両者を比較してみましょう。
ホームページを見ると、 「一般に行われている一括払い制度は、保険会社の思うつぼだ、被害者請求をすべきだ」 という記載が少なくありません。


しかし、これは、間違いです。被害者請求と一括払い制度のどちらが得かは一概に言えません
被害者請求のメリットは、示談が成立しなくても、とりあえず自賠責金額だけはもらえるということです。
任保険会社との示談交渉が遅々として進まないとき、裁判で今後解決まで時間がかかると予想されるときは、被害者請求をすべきでしょう。
しかし、解決まで時間がかかるのでなければ、あえて被害者請求をするメリットはありません。 医証を自分で揃えたり、消滅時効を考えたり、かなりわずらわしくなります。 よく任意保険会社を通じて後遺障害診断書を提出すると不利だともいわれますが、そういうこともありません。

要は、医師任せ・保険会社任せにすることなく、弁護士等と相談しながら、後遺障害認定に必用な医証を揃えることが大切で、それを直接自分で自賠責会社に提出するか、任意保険会社を通じて提出するかについては、それほど意味がありません。 任意保険会社が意見書を添付すると言っても、気にするほどのことではありあません。

 

自賠責保険の仕組み その5へ続く


Copyright (C) 2011 交通事故 弁護士 森法律事務所 All Rights Reserved.
ホーム | 森法律事務所について | 弁護士紹介 | 交通事故賠償 | 後遺障害 | 交通事故事例集 | 個人情報保護 | お問い合わせ |アクセス