森法律事務所 30年の伝統と実績 確かな経験

ホーム 交通事故賠償
  • 交通事故解決の流れ
  • 交通事故賠償の基本Q&A
  • 交通事故賠償の基準
  • 過失相殺 素因減額 脊柱管狭窄症

  • 後遺障害
  • 後遺障害認定獲得法
  • 後遺障害等級表
  • 後遺障害の併合
  • 自賠責請求できる金額

  • 目に見える後遺障害
  • 目の後遺障害
  • 耳の後遺障害
  • 脊柱の後遺障害
  • 肩・腕の後遺障害
  • 腰・脚・足の後遺障害

  • 目に見えない後遺障害
  • 高次脳機能障害
  • 脳脊髄液減少症
  • むちうち
  • PTSD(心的外傷後ストレス障害)
  • RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

  • 森法律事務所
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • 交通事故解決事例集
  • スムーズなご相談のために
  • ご依頼・ご相談
  • 交通アクセス
  •  

     

     

    その他の法律問題でお困りの方は,森法律事務所総合サイトへ


    もし交通事故の加害者になってしまったら

  • 交通事犯.com
  • 弁護士費用

    弁護士費用については、消費税・地方消費税抜きの金額が記載されています。
    支払期日には法定税率による消費税額・地方消費税額分が加算されます。

    自賠責請求・後遺障害認定手続き・異議申立手続き・示談交渉を依頼される場合


    相談料

    無料


    2.自賠責請求・後遺障害認定手続き・異議申立手続きのご依頼


    【賠償請求の依頼に伴い、自賠責請求・後遺症認定手続き・異議申立手続きを依頼される場合】
    [注]*自賠責請求・後遺障害認定手続き・異議申立手続きのみの依頼は承っておりません。必ず事件依頼とセットになります。

    これらの手続き費用は無料です。賠償請求の一環として処理するため、格別費用を請求されることはありません。(実費別)賠償請求事件依頼に伴う弁護士費用は、下記[示談交渉・訴訟相談の手続き費用]をご覧ください。

      通常の弁護士事務所 森法律事務所 
     相談料 30分5,250円  無料
     異議申立等の手数料  弁護士事務所
    等級認定後のみの依頼を受け、異議申立などはしない。
     無料でおこないます。 
    行政書士事務所
    有料



    3.示談交渉・訴訟費用の手続き費用

    お客様は、下記の3つの方法からご依頼いただけます。

    (1)法テラス(司法支援センター)を利用
    法テラスの決定に従います。
    なお、法テラスを利用するためには、収入が一定以下など、要件があります。
    詳細は、下記をご覧ください。

    http://www.houterasu.or.jp/

    (2)弁護士特約保険を利用する場合
    保険約款によります。

    (3)上記以外の場合
    下記規定によります。
    ①加害者が任意保険(共済)に加入しているか人身無制限、無保険者傷害保険条項が使用できる場合であることが条件です。
    ②事件の内容によっては、下記の規定では受任できない場合があります。
    [相談料]0円
    [着手金]0円

    森法律事務所交通事故専門チームでは、着手金は、一切、いただいておりません。
    注意:途中解任の場合、示談交渉100,000円、紛争センター・訴訟 一律200,000円の費用がかかります。


      通常の弁護士事務所 森法律事務所 
     相談料 30分5,250円  無料
     着手金  必要  無料でおこないます。 

    報酬

    (1)法テラス(司法支援センター)を利用
    法テラスの決定に従います。
    なお、法テラスを利用するためには、収入が一定以下など、要件があります。
    詳細は、下記をご覧ください。

    http://www.houterasu.or.jp/

    (2)弁護士特約保険を利用する場合
    保険約款によります。

    (3)上記以外の場合
    下記規定によります。

    ①最終的に加害者から獲得できた金額から、ご依頼前にすでに提示されている金額を差し引いた額(増額した金額)の20%+100,000円(示談交渉)~200,000円(紛争センター・訴訟)です。(消費税別途)
    ただし、事案の難易、予想される賠償金の程度を勘案して増減することがあります。

    ②すでに保険会社から示談金の提案が出ている場合、その金額より増額できなかった時は、報酬は請求しません。(損をさせない保証)
    注意:途中解任の場合、示談交渉100,000円、紛争センター・訴訟 一律200,000円の費用がかかります。

    弁護士報酬の具体例は、次の通りです。但し、加害者が任意保険(共済)に加入しているか人身無制限、無保険者傷害条項が使用できる場合であることが条件です。
    必要となる費用は、①着手金、②報酬、③実費です。

    具体例

    ご自分で交渉し、すでに保険会社から500万円の示談金が提示されていたが、交渉・訴訟した結果、示談金が1,000万円まで増額させた場合は、500万円を増額させたことになりますので、20%である100万+200,000円(消費税別途)が報酬となります。
    (10,000,000円-5,000,000円)×20%+200,000円=1,200,000円+消費税

    (2)保険会社から示談金の提示がされていない段階で依頼された場合

    100,000円(示談交渉)~200,000円(紛争センター・訴訟)に下記計算式で計算した金額を合計した金額+消費税

     300万円未満 16+消費税
     300万円~ 10%+18万円+消費税

    具体例


    訴訟の結果、1,000万円の賠償金を獲得した場合
    200,000円+(1,000万円×10%+18万円)+消費税=1,380,000円+消費税

    実費
    示談交渉の場合には、出張がある場合を除き、通常かかりません。
    実費は主に訴訟提起の場合の印紙代等です。
    おおよその目安は、下記の通りです。

     1,000万円 6万円程度
     3,000万円 12万円程度
     5,000万円 18万円程度
     1億円 33万円程度

    上記の資金が無い場合には、自賠責への被害者請求をするれば、ある程度の資金を確保できますので、その後で訴訟提起をすれば、資金的に大丈夫でしょう。

    Copyright (C) 2011 交通事故専門弁護士の森法律事務所 All Rights Reserved.
    ホーム | 森法律事務所について | 弁護士紹介 | 交通事故賠償 | 後遺障害 | 交通事故事例集 | 個人情報保護 | お問い合わせ |アクセス